くまリッチ

熊本からお役立ち情報、おトク情報、オタク情報を発信!
くまリッチへようこそ(*^_^*)
等サイトでは、私のリサーチ情報や、多彩な趣味を活かして他では見られないようなニッチな経験談、体験談、探検談などを随時公開しています。
等サイトの内容を参考、参照される際は自己責任での行動をお願いします。

カテゴリ: くまリッチ



くまリッチへようこそ。

家を建てるか、賃貸で一生過ごすか…

誰でも一度は考えたことがある命題でしょう。

特に、ここ日本は中国などとは違い、実際に土地も登記すればじぶんの所有物になりますからね。

それが財産になるか負債になるかはさておきですがー。

さて、いずれにせよ、家を買うか賃貸で一生過ごすか、という問題には決まって

結局どちらにしてもかかるお金は一緒

という結論に、テレビなんかではなりがちですが…

なので、どちらが得か、という議論には全く意味はないものですね、本来は。

しかし、この記事にあるようにうまく回していくことができれば、第三の選択肢たりえるのかもしれませんね。

ただ、この人が言っているような物件、はたして存在するのか…

と、ほんの一昔前までは誰もが

あるわけねーだろ

と言うところですが、昨今のかぼちゃの馬車やスルガ銀行の案件などもあり、現在は融資がつきにくくなっているようですね。

住宅の場合は住宅ローンなので、一概に同じではありませんが、いすれにせよ、お金があれば値ごろ感のある物件は増えてきているようですね。

あとは、それが果たして今後上がるか否か…





くまリッチへようこそ。

男と女、なかなかに奥深いものですね。

昔、地図が読めない〜なる本がありましたが、たしかに性別間で考え方感じ方の違いは大きいようです。

ここにあるように、お金の使い方、なんて顕著なものですね。

家を買うにしても、全く考えてるところが違うので、しかも、論理的でもないので

言いなりになっていると結局いい結果にならなかったり…

お互い勉強が必要なわけですが、それをするという考えもなかったり…

むづかしいものですね。

これはもともとそういう脳の違いによるものらしいので、考えても仕方ないのですが、以下の記事がおやくにたつかもしれませんね。






くまリッチへようこそ。

くまリッチ、と名乗っているからには日々お金の研究をしているのですが、最近、投資関係で大多数の型が観ているであろうサイト、オールアバウトに、表題のような記事が載っていました。

結局、稼ぐか投資するか使わないか、しかない、という単純なものですね。

使わないのが一番簡単ですが、使わない、というよりも一点集中、というのが、昔からよくある金持ちのなり方ですね。

実際、金持ちは基本的に自分が重要でないと思うことには全くお金をつかわないようですね。

いずれにせよ、お金を稼ぐなら稼ぐなりの、女の子にモテたいならモテたいなりの行動が必要ということですね。参考までに、女の子にモテたいなら次のようなものもあるようですね。






くまリッチへようこそ。

健康管理においては、早期発見が大切だと言われますね。

病巣を見逃すな!

というやつです。

さて、皆さんはどのようにして検診を受けてあるでしょうか?

もちろん何もしてない、という人はいないとは思いますが、子供の時とは違って社会人になると、自分で手配をしなくてはならない事が多いのでけっこうめんどいですよね。

ホリエモンみたく、自分でドッグを受けている人もいるでしょうが、これだとけっこうな額かかってしまいますね。

会社員ならば、ただ、もしくは格安でうけられますね。

検診も会社が受けさせてくれますので、これをうまく活用したいものです。

さて、そんな福祉もないよ、っていう人は、諦めるしかないのか…

と、思いきや、いい制度がありました。

なんと、市町村が毎年健康診断を行なっているんですね。

費用は、所得などでそれぞれかわるようなのですが、それほど高くはありません。

そもそも値段が最初から提示されているのでそれをみて判断しても良いでしょう。


くまリッチへようこそ。

鳴り物入りで上場し、かなりの高値をつけたメルカリ株ですが、どうやら今は苦戦しているようです。

おそらく原因としては、アメリカへの進出がうまく行ってないことも一因かとは思われますが…

そもそも、メルカリのビジネスは、日本にとってはとても有用なものでした。

つまり、これまでは一般人が不用品やコレクションを売る時は、リサイクルショップで二束三文で買い叩かれるか、ヤフオクで面倒な手続きをするしかなかったところでしたが一昔前までは。

おそらく、誰もが思っていたと思います。中古品を売っている店があり、同じものを不要なのに持ってる状態で、その価格で売れればな…と。

しかし実際にはその相手をつなぐものはこれまでは無く、せいぜいリサイクルショップに持って行ってしぶしぶ買い叩かれるしかなかったわけですね。

買う方も、ショップの値段は高いが、もとは買い叩かれているものだから、もしかすると売りたい人の値段はショップの値段よりも安いかも…と、それは誰もが思っていたことでしょう。


そんな誰もが思い、これまで無かったプラットフォームをメルカリはそれをワンプラットフォームで完結させたところにその優位性がありました。

しかも、売る方も買う方も全部メルカリ丸投げでオーケー。

これはとても素晴らしいシステムでしたね。

だから、個人的にはメルカリはこの分野特化でよかったのではないかと思うのですが。

そもそも、アメリカには、昔からガレージセールの文化があり、もともと自分の言い値で物をいつでも売れてましたからね。

いずれにせよ、メルカリは、買うにもあるにも、まずメルカリ見て、といまでに価格決定力のあるメディアですから、これからも伸びて行ってほしいとのですね。

↑このページのトップヘ